喘息アレルギー

  • TOP
  • 喘息アレルギー

喘息・アレルギー診察

気管支喘息・アトピー性皮膚炎など、アレルギー疾患は大変つらく苦しい病気ですが、医学の進歩によって着実に治療の方法は進歩してきています。
私どもの医院ではアレルギー学会等のガイドラインに沿った最新の理論的な診察を実践しています。
決して魔術的な診療をするものではなく、そういう意味では一朝一夕には改善しないかもしれませんが、確実に改善へと導くと信じております。

スギ花粉症の経口減感作療法

減感作療法はアレルギー疾患に対しての唯一の根治療法です。つまり、症状を改善させる対症療法ではなく、根本的な治癒をめざす治療方法です。従来の減感作療法は、原因物質(抗原)を薄い濃度から少しずつ皮下注射してゆき、抗原に対してのアレルギー反応をなくすことをめざす治療方法です。しかし、長い年月の間、繰り返し抗原液の皮下注射を受けなければなりませんので、医療機関に頻繁に通わなければなりませんでした。
最近になって、その抗原の投与を口から行う治療方法が生まれて来ました。今のところその治療の対象はスギ花粉症だけです。その療法の概要は、スギ花粉症であることが確認された人に、スギ花粉の抗原液を薄い濃度から順に、舌下に投与するやり方で、スギアレルギーの反応をなくそうとするものです。スギ花粉症以外のアレルギーを持っている場合には、改善を期待できないこともありますし、極めて稀なことではありますが、治療のための抗原投与で強いアレルギー反応が起こることもあります。また、経口投与ではありますが、少なくとも3年くらいの治療の継続が求められます。
このようなスギ花粉症の経口減感作療法を当院で実施しております。

スクラッチテスト

アレルゲンスクラッチテストという検査をご存知でしょうか。
アレルギーの原因となる物質を探す方法の一つで現在では血液によって調べられることが多くなっています。小さな子供さんなど採血がしにくい時などに利用することができます。
 皮膚にアレルゲンのエキスを滴下し、その部分の皮膚を針でひっかきます(スクラッチ)そのあと15分で判定し、皮膚に発赤・腫脹があれば陽性です。
精度は血液検査とほとんどかわりません。

アレルゲンのエキスを滴下する
アレルゲンのエキスを滴下する
アレルゲンエキスを滴下したところを針でひっかく
アレルゲンエキスを
滴下したところを針でひっかく
赤く膨れ上がった部位を測定して判定する
赤く膨れ上がった部位を
測定して判定する

このような方法も
当院では実施しております。

大阪市小児喘息等医療費助成について

・大阪市に住んでいる15歳未満の小児が喘息等の診察を受ける時、窓口での負担分を大阪市が助成する制度があります。詳しいことは、診察の折に院長にご相談ください。
・すこやか医療証をお持ちの方は小児喘息等医療費助成制度を使う必要はありません。