泌尿器科

  • TOP
  • 泌尿器科

泌尿器科

泌尿器科では、尿を作る腎臓(じんぞう)、作られた尿の通り道である尿管(にょうかん)、尿をためる膀胱(ぼうこう)、膀胱からの尿の出口である尿道(にょうどう)や、男性特有の臓器である前立腺(ぜんりつせん)、精巣(せいそう)、陰茎(いんけい)などに起こる病気や異常を診療します。

尿が近い、排尿時の痛みがある、尿が漏れる、尿が出にくいなどの症状で悩んでいる方、不安な方はまずはお気軽にご相談下さい。決して恥ずかしい事ではありません。泌尿器科専門医による状態の評価・治療により、患者様の苦痛・不安を少しでも軽減できるように診察させて頂きます。また、尿に肉眼的(目で見て気がつく程度)に血が混じる場合は、痛みや排尿困難等の症状を認めなくても膀胱の癌などを認める事がありますので、早期の検査が必要です。

泌尿器科にて診断・治療を行う主な疾患

腫瘍(前立腺癌、膀胱癌、腎癌、腎盂尿管癌、精巣癌など)
感染症(膀胱炎、前立腺炎、尿道炎、腎盂腎炎など)
結石(尿管結石、腎結石、膀胱結石など)
排尿の障害(前立腺肥大症、過活動膀胱、頻尿、排尿困難、尿失禁など)

当院では尿検査、血液検査、レントゲン検査に加え、下記のような泌尿器科の専門的な検査が可能です。

泌尿器科領域の超音波(エコー)検査

痛みなどの体に負担をかけることなく、腎臓・前立腺・膀胱・精巣などの臓器の状態を観察する事が可能です。

尿流量測定装置(スカイフロー)

排尿時の尿の勢いや量を測定する事が可能です。排尿障害の程度や治療効果を判断できます。トイレで排尿するだけですので、検査によるつらさはありません。

膀胱鏡検査(軟性膀胱鏡 OLINPAS)

尿の通り道や膀胱にできた結石や腫瘍の有無を観察、診断するために用いる内視鏡です。軽度の痛みや刺激は伴いますが、最新の電子スコープ(NBI:狭帯域光法という観察法が可能)を導入しており、従来の内視鏡に比べて膀胱腫瘍のより詳細な観察が可能です。
また、柔らかくしなやかな内視鏡であり検査による苦痛が軽減されています。

泌尿器科
泌尿器科
泌尿器科